水面下の静かなブーム。女体への半立ち噴射作戦!

  • 2020-9-1
  • 水面下の静かなブーム。女体への半立ち噴射作戦! はコメントを受け付けていません

夏といえばやっぱり水遊びですね。

真昼の陽差しが強いムオッとした暑さで汗がダラダラ流れるときなんか深刻にプールいきたいですよね。

山に登りたいなんて思わない。

やっぱり海かプールです。

だいたい夏、山に登ったって女性は服なんか着てる。それもズボンなんかはいちゃって、しようがないです。

その点、海とかプールはビキニを着用するなどして感心な女子が多いですね♪

ただボケーと見学してるだけでも海までいく交通費やプール代は高くない。

高くはないですが世の中にはそおゆう状況をとらまえて一気にというか、たたみかけて徹底的に楽しんでしまう人もおられます。

Tさん35歳はソレをはじめてこの夏で九年目。海やフールでソレをしないなんて考えられないといいます。

ソレとはなにかといいますと水中放射、つまり海やフールの中で小便をする事です。

なんじゃい、しょうもない、と思うなかれ、Tさんのは、トイレがなくて仕方なくとか、いくのが面倒臭いからといったいい加減で不道徳なものとは違ぃます。

小便をするとゆうよりかけるわけです、女性に…

しかもかけた後は、そのまま全部出してしまわずにちゃんと半分くらいのところで止めて、トイレで出すとゆうから偉いじゃないですか(笑)

この行為はどちらかとゆうとサドっぽい行為になるのですが、そのあたり聞いてみました。

「本当に女の子を前に座らせて直接シャーッビチャビチャとかけるのもそれはいいですけどね♪

よっぽど風俗などでお金出さなければできないでしょ涙

仮にできたとしても、その女の子がマゾとかマニアに見えてきて、当たり前というか、あんまり恥ずかしいイタズラしてるような気がしないと思うんですよね。

僕はやっぱり全然知らない素人のギャルにかけるほうがスリルあるしスケベな気がします。」

大きく分けると二つのやり方があるそうです。

その①、まずターゲットを決めたらジーツとそのギャルを見つめてよく覚える。

そのギャルの印象が薄いと、かけてもイマイチ興奮できないそうです。

そして少しずつ泳ぎながらギャルに近寄っていきます。

いきなりダーッと泳いでは駄目。

あまり泳げない人のように少しずつ立っては泳ぎ、立っては泳ぎながら、なんとなくギャルの背後に周る。

チンコはギャルを見つめてるときから妄想して硬くしておく。

そのほうが噴射しやすいし止めるのも楽なんだそうです。

かけ終わったらトイレにいって残りを出してその後、「ああ、自分はキャピキャピのギャルに小便をかけたのだ。」とゆう現実を深く噛みしめてオナニーする。

その②は潜水方式です。

はじめにギャルを見つめてチンコを固めておくとゆうところは①と同じですが、こちらは潜ったまま一気にギャルの前を通過し、その瞬間に素早くナニをだしてギャルの股間めがけて噴射するのであります。

背後からかける場合は首を水上に出しているのでジッとギャルを見つめられないが、潜ってる場合はギャルの体も自分のしていることもよく見られてよいそうです(笑)

でもこれはかなりのハイテクニックを必要としますから、ビギナーはやっぱり背後からイク方が良いとおっしゃってました。

それと他に潜ってる人がいないか必ず確かめてからイクこと。

ウィークデーの空いているプールもかえって危ないそうです(笑)

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

ではバイバイ♪

変態BAR ★BAMBITCH★

https://bambitch.com/

The following two tabs change content below.

★Zakk★

変態BAR★BAMBITCH★バンビッチマスター★Zakk★のコラム

最新記事 by ★Zakk★ (全て見る)

二階堂が徹底比較してわかった本当に出会えるサイトはこれだ!

関連記事

ページ上部へ戻る