ベッドの中の心とカラダ、男と女でこんなに違う!

  • 2020-6-1
  • ベッドの中の心とカラダ、男と女でこんなに違う! はコメントを受け付けていません

女性の舌

1stステージ 興奮期では男女ともに充血。

映画を見て食事を楽しんだ後、彼女は彼の部屋でお茶することに。

ソファーに座り、ふと会話が途切れたタイミングで彼の手が彼女に触れ、二人はちょっと照れながらキスを交わす。

この段階がセックスのファーストステージ、興奮期。

抱擁、キス、愛撫などエロティックな刺激を与えることで、性交の準備に着手するステージです。

男性は女性のカラダに触れたり、キスをしたりという刺激の情報を受けてから、ほぼ一分以内に半勃起から全勃起に至る。

そのメカニズムは副交感神経が優位になり、血管が弛緩して陰茎の海綿体に動脈から血液がどっと流れ込む。

その結果、陰茎が膨張して外側に張り巡らされた静脈が潰され、血液が出て行きにくくなります。

そして無事、勃起完了!

一方、興奮期の女性の性器からは湿潤液が分泌され、いわゆる”濡れた”状態になります。

これは直接性器を刺激されなくても起こる現象で、湿潤液はバルトリン腺という膣口の両側にある器官から分泌されるのです。

これも男性同様、副交感神経が優位になることで血流量、つまり水分が性器周辺に集まるからです。

さらに、集合した血液がクリトリスに流れ込んで膨張します。

女性もまた、ある意味勃起状態に。

そんなわけで、興奮期の別名を”充血期”といいます。

心理的な刺激に関しては、男性は視覚刺激に反応しやすいので、相手のカラダや反応をやたらに見たがる人が多い。

真っ暗な照明を嫌う傾向があるのはそのせいなのです。

女性は触覚に敏感なので、興奮期ではキスや乳房などへの優しいタッチを望む人が多いです。

この違い、心得ておくべし!

※男性への教育的指導!

女性がタッチを望んでいるといっても、この段階で性器へのタッチは時期尚早。

というのも、女性の場合興奮期で性交に向けてのカラダの準備ができるまで、男性よりも時間がかかるからです。

個人差はありますが、最低でも10分くらいはキスや性器以外の場所への愛撫が必要。

男性諸君は欲望のままに焦ってお手つきしない事が大事。

【興奮期】 心拍数110~180 回/分

男性…ちょっと照明が暗いなぁ。

キスで感じてる表情とか、服を脱がせるプロセスとかもっと見たいのに、よく見えないなぁ。

あれ、もう濡れてるみたい。クリトリス触っていいかなぁ?

海綿体に血液が流れ込み、陰茎が勃起してくる。

精巣が若干上昇する

女性…結構キスうまい!

舌の裏のスベスベした感じがいい気持ち。

脱がせ方がちょっと乱暴だけど、性急な感じが興奮する。

いきなり性器を触ってこないし、余裕あるぅ。

5~15秒でバルトリン腺から湿潤液を分泌。膣内が拡張し、外陰部、小陰唇が充血する。

クリトリスが勃起する。子宮が立ちはじめる。

続く…

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

ではバイバイ♪

変態BAR ★BAMBITCH★

https://bambitch.com/

The following two tabs change content below.
★Zakk★

★Zakk★

変態BAR★BAMBITCH★バンビッチマスター★Zakk★のコラム
★Zakk★

最新記事 by ★Zakk★ (全て見る)

二階堂が徹底比較してわかった本当に出会えるサイトはこれだ!

関連記事

ページ上部へ戻る