vol1私の出会い系体験談

実は私今どきでは化石と呼ばれていいくらい…主人と結婚するまで処女だったんです。女子高育ちで耳年増であれこれ知ってはいたのですが、とにかくプラトニックのお付き合いばかりでした。主人と初エッチしたときも、これがエッチなんだ~と感動しました。でも、主人は今どき草食男子で、子どもも欲しいのに、できるくらいもしてくれず。それでも、そういうもんかなと思ってたんですが、30半ばにさしかかるにあたって、私の中にむらむらとしたものが芽生えて、夢はだれかとエッチしているものばかり見ます。主人は尊敬できるほどいい人なので、エッチごときで罵倒するのもどうかと思い考えました。結論は、尊敬してるんだから、相手に求めるのは感情ではなく、エッチのみ。エッチの要求を満たしてくれるだけなら、不倫にはならない。でした。

かといって道ですれ違うイケメンに「エッチしてください」というくらいの勇気もないので、とりあえずの出会い系の品のよさげなところに登録してみました。
お話が合ったのは、10歳くらい年上のエンジニアで、シンパパで男の子を育てているという人でした。再婚する気もないけど、子どもに時間を割きたいのでお付き合いもあまりしたくない。「でも、俺はエッチがしたいんだ~」と正直に書き込んでくれる人でした。そうそう、お互いにエッチがしたいだけなんだから、利害関係は一致するわけです。
主人が出張の晩にお会いすることになりました。気に入らなければ帰ってもいいし、流れでどうなってもいいし。ちょっとワクワク。

第一印象は、すらっとして理科系だけど、イケメンとはいえない。でも、触られてもいやじゃないかな。でも、待ち合わせたのが、定食屋さんだったんです。オーダーは一番安い定職で、もしやおごってもらう場合も想定して、私もそれを。お話の内容は、子どものことばかり。そんな大切な子を今夜はお友達の家にお泊りに出したということで…する気満々なのね。私もこのまま流れても大丈夫だったので、定職を食べると、お泊り用の飲料などを買うためにコンビニに行こうと思いました。「俺、持参してるから?。コンビニ高いでしょ」。確かに。でも、ラブホの冷蔵庫のもたいがい高いと思うけど。でもでも、急いでいるようでコンビニには寄らせてくれませんでした。

で。ラブホ到着。でも、入らない。なぜと聞くと「ラブホには、深夜料金とお泊り料金に分けてるところがあって、今入るとお泊り料金にプラス深夜分になるから、お泊りの時間になるまで、雑談しよう」。いやあ~、雑談なら、さっきの定食屋さんでもよかったのでは?。それは違うんだそう。お泊り料金になった瞬間にラブホが埋まるから、順番で並んでないと。ここは行列の途切れないラーメン屋か!。

そんなこんなで、やっと入れました。予測通り一番安い部屋。「あなたに、プレゼントがあるんだ」。なになに?。バックから出したのは、常温の杏仁豆腐でした。しかも、赤札35円。「昨日スーパーで安かったから」。主婦か!。
エッチは正直、私がご奉仕しましたけど、まったく使い物にならず。まだ草食男子の主人の方がいい仕事します。で、「あなたが上手だから、身体がびっくりしたのかな。いつもは、あなたを寝かせないくらいすごいんだけど」。言い訳かい!。
40半ばになると男は、無理になるのかな。二回戦は難しいだろうけど、せめて一回戦はまともにしてほしかった。

部屋が暑かったので、エアコンをつけにいくと「俺冷え性だから、我慢して」。寒い人こそ布団にくるまってろよ。

悔しくなったので、冷蔵庫の、本当はスーパーで53円で買えるアクエリアス缶「250円」を2本飲んでやりました。もう、眠れないよ。なんなの。なにがエッチしたいなの?。

会計になりました。まさかの割り勘はありませんでしたが…パンパンになったカードケースからなにか探してます。このラブホのクーポン券でした。「今日、俺の誕生日だから、半額なんだ」。子どもをお泊りに出しても今日だったわけが理解できました。
トイレに行ったすきに、カードケースの中を見てみると、あっちこっちのラブホのクーポン券・スタンプカードでした。
別に相手は私でなくても、適当に釣れてる人なんだわ。
部屋を出る前に、キスを迫られましたけど、私のキスは有料なので、お断りしました。

駅まで無言で歩いて、別れました。結局、ハンドルネームしか知らない男だったな~。私の二人目の男がこんなせこい男なんて、黒歴史だわ。

あ~。でも、私だって、心は求めないけど、ちゃんとしたエッチしたいなあ。出会い系でそれを見抜くのはどうすればいいのかしら。



The following two tabs change content below.
澪(みお)

澪(みお)

30代半ばの好奇心旺盛な主婦です。
澪(みお)

最新記事 by 澪(みお) (全て見る)

二階堂が徹底比較してわかった本当に出会えるサイトはこれだ!

関連記事

ページ上部へ戻る