お客様の声 vol.6


ダブルレッドカード支配人、二階堂晴行です。ライン登録をしているけどお店に行く勇気のない方、ホームページを見たけど一歩踏み出せない方。
そんな方に、お店に来て頂きたく実際に今お店に来ているお客さんに、どうしてダブルレッドカードにこようと思ったか、なにがきっかけか、どう感じているかを文章にしてもらいました。

第六弾は、一昨年前の10月から通ってくれるようになった、眠れる狼!K’Zです!

紳士、淑女の皆様こんばんは!

眠れる狼!K’Zです!

ダブルレッドカードは、私の秘密の隠れ家なので、本当は教えたく無いです笑。

でも、仲間をたくさん増やしたいので、熱く語っちゃいます!(ウザいかもしれませんが、本音を書きました!)

先ずは、お店を一言で表現すると…

『いい加減』なお店です笑iちゃん(お客様の声vol, 参照1)も書いてたけど、適当って事ではなくて、良い加減な居心地が良いお店です☆

この雰囲気って、出せる様で出せないです(^^)

個人的に分析すると…
二階堂さんをはじめとする盛り上げ上手で、人間味溢れるスタッフの皆さん&男女問わず、ちょっぴり?エッチで個性的な方々の見事な化学反応が『非日常空間』を形成しています!

その為、その日のダブル空間にいる人達で雰囲気が形成されるので、日によってお店の雰囲気が面白い様に変わります☆

『ダブルは1日にして成らず』です!

前置きが長くなりたしたが…

【自己紹介】バーネーム K’Z(ケーズィー)
性別 男
職業 昼 サラリーマン     
   夜 チャラリーマン
役職 安全真面目な男協会名誉会長(只今会員募集中)

私が、ダブルレッドカード(以下DRC)の扉を開けたのは、一昨年前の10月でした。

元々、後輩と出会いを求めて「相◯屋」等に時々、出掛けて楽しんでました笑
しかしながら、仲の良かった後輩に転勤が決まり、1人でも楽しめる場所をとネットで検索していると…。

何やら怪しげなお店が検索されました。その名も『DRC』!

お店の住所もない…
LINEで連絡を取らないといけない…

扉を開ける事を何度も何度も躊躇しました笑

掲示板もチェックしましたし、ホームページも隅から隅まで熟読しました。(小心者なので笑)

とにかく「虎穴に入らずんば虎子を得ず…」本当にヤバいお店だったら、走って逃げようと思ってました。(この日は、靴をスニーカーにしていました笑)

二階堂さんとLINEでやりとりをし、そして勇気を持って扉を開けました。

開けた瞬間…。

正直、拍子抜けしました。

エッ!普通の人じゃん!
お店の入店規則を聞き、会員となり入店しました!

店内に入ると…

カウンターで飲んでる人もいれば、ソファーで寝そべってまったりしている人もいる…。何?この自由空間!
まるで、自分の家みたいにくつろいでる…。

自己紹介をして、常連さんとお話すると…。

エッ?何このアットホームな感じ?

世間話から、エロトークまでたくさんの方々が気さくに話しかけてくれました。

正直な所、誰も話してくれなかったらどうしようと不安もありましたが、直ぐに解消されました。

もっと知りたい…。
想像していたお店とのギャップはありましたが、週末に時間があれば、足を運ぶ様になりました。

徐々に打ち解けていくと
年齢も!職業も!性癖も笑!
みんなバラバラで男女問わず個性的な人達ばかりでした。

多分、日常の生活では、出会う事は、無かったかもしれません。

しかしながら、非日常のDRCでは、偶然ではなく必然な出会いなのかなぁなんて思ってます!

皆さんに質問です( ・ω・)∩

Q1.最近、男女問わず友達出来ましたか?

Q2.最近誰かとバカ騒ぎして、腹を抱えて笑ったり、時には熱く語らったりしていますか?

Q3.日常で自分にも他人にも無関心になったりしてませんか?

Q4 最近、『ワクワク』した事ありますか?

もしも、上記に1つでも当てはまったら、勇気を出してDRCのドアをノックしてみて下さい!

DRCの扉を開けた時から、貴殿の秘密の心のドアが開かれる事でしょう!

ではDRCでお会いしましょう!

追伸…お店では、たまに寝ています笑
見かけたら…。
やさしく起こして下さいね。



The following two tabs change content below.
執筆者:二階堂晴行

執筆者:二階堂晴行

ダブルレッドカードのすべてを知る男
執筆者:二階堂晴行

最新記事 by 執筆者:二階堂晴行 (全て見る)

二階堂が徹底比較してわかった本当に出会えるサイトはこれだ!

関連記事

営業カレンダー

DRC【公式】ツイッター

ページ上部へ戻る