お客様の声 vol.8


ダブルレッドカード支配人、二階堂晴行です。ライン登録をしているけどお店に行く勇気のない方、ホームページを見たけど一歩踏み出せない方。
そんな方に、お店に来て頂きたく実際に今お店に来ているお客さんに、どうしてダブルレッドカードにこようと思ったか、なにがきっかけか、どう感じているかを文章にしてもらいました。

第八弾は、去年の10月から通ってくれるようになった、あおいさんです!

はじめまして。あおいです。
私がダブルに興味を持ったきっかけは、元々都内のフェティッシュバー等に出入りしていた事から「地元にも同様のお店はあるのかな?」と調べていたところ、ダブルの存在を知りました。

どんなところなんだろうと思いつつ、ホームページもかなりしっかりと作られていた事もあり、まずは行って確かめてみようと思いました。

そして昨年10月に1人で訪れたところ、緊張していた私を大変暖かく迎え入れて頂きました。
マスターやスタッフさんとお客さんの距離がとても近くて、本当にアットホームなお店だと思います。

ダブルでは様々な人が集まり、ここでしかできない会話を楽しんでいます。
世間体を気にして職場の人間や友人、ましてや家族になんて言えない事ってありませんか?

日常とは切り離された空間だからこそ、好きなものは堂々と好きと言えますし、一般的には受け入れ難い価値観や性癖であってもダブルでは驚かれこそすれ、誰も否定する事はないでしょう。

人によって求めるものは異なると思いますが、私にとってはどう思われるか気にするあまり中々人には言えない事すらさらけ出せる、そんな場所でもあるように感じます。

訪れる方々は本当に色んな方がおりますので、他の人の話を聞くことで、自身の新たな趣味嗜好に気付いたり、「こんなディープな世界もあったんだ!」と知的欲求が刺激されたりするのがすごく楽しいです。

真面目に語らう事もあれば、時には突発的なパフォーマンスが始まることもあり、集まったメンバーによってお店の雰囲気がガラリと変わるのもまた魅力のひとつです。

ちなみに通常営業がお休みの時にはビアンバーとして不定期に営業しているのですが、こちらもやはり居心地が良いので、誘われるとつい足を運んでしまいます。

まとまりませんでしたが、ダブルに少しでも興味がありましたら変に構えることなく「新しい世界を覗き見る」程度の気持ちで立ち寄って頂けたらいいかと思います。
お会いできることを楽しみにしています。

活力アップサプリメント「GHプレミアム」

The following two tabs change content below.
執筆者:二階堂晴行

執筆者:二階堂晴行

ダブルレッドカードのすべてを知る男
執筆者:二階堂晴行

最新記事 by 執筆者:二階堂晴行 (全て見る)

二階堂が徹底比較してわかった本当に出会えるサイトはこれだ!

関連記事

ページ上部へ戻る