生挿入は気持ち良い(男性編)

望まない妊娠や性感染症のリスクがあるにもかかわらず、生挿入のセックスがやめられないという男性は多くいます。

生挿入は、愛液や膣のビラビラがペニスに直接に絡みつき、リアルに膣の触感を堪能することができるので、コンドームを装着してセックスをするのとは比べ物にならないくらい気持ち良いと感じる男性が少なくありません。

生挿入はなぜ気持ち良いのでしょうか。生挿入が気持ち良いと感じる理由は人それぞれです。肉体的な理由で気持ち良いと感じる人もいれば、精神的な理由で気持ち良いと感じる人もいます。肉体的な理由と精神的な理由が混ざる人もいます。

生挿入が気持ち良い理由について、詳しく見ていきましょう。

①膣の感触が直接伝わってくるから

生挿入が気持ち良い理由の一番は、膣の感触がペニスに直接伝わって来るからです。どんなに薄い素材であっても、コンドームを装着している状態と、素肌では相手と触れ合った時の感じは全然違います。どんなに薄いコンドームでも生の感触にはかないません。

なぜ膣内が気持ち良いのか。なぜ膣内でイケるのか。それは、ペニスが感じる女性の膣の感触、そして温度と水分量です。どんなに薄くてもコンドームは障害になります。生で挿入すると、ペニスに愛液が絡み付いたり、膣壁に擦れることで生まれる快感をダイレクトに感じることができます。

②膣がペニスに絡みつくから

生挿入が気持ち良い理由は、性器同士が絡みつくからです。コンドームを装着しない生挿入は、お互いの性器をリアルに感じることができます。膣がペニスにねっとり絡みつくので、気持ち良くぺニスを刺激してくれます。この快感はコンドームを装着しながらするセックスでは味わえません。生挿入だからこそ味わえる快感です。

③イキやすいから

コンドームを装着してセックスをするとなかなかイケない男性がいます。でも、生挿入なら気持ち良いのですぐにイクことができます。これは珍しことではありません。つまり生挿入は、それだけ刺激が強く気持ち良いという証拠です。

生挿入は快感が強く気持ち良いのが特徴です。そのためクセになってしまい、生挿入でないとイケなくなる男性も多くいます。

④特別感があるから

妊娠を望んでいないカップルは、基本的に毎回コンドーム等の避妊具を装着してセックスをするのが当たり前です。でも時に、生で挿入したくなるのが人間の本能です。膣外射精するギリギリまで生セックスをした時は、喜びや感動、気持ち良さに全身が包まれるでしょう。普段はコンドームを使用しているが、時々生セックスするからこそ味わえるのが喜びや感動です。また、感度もUPするので強い快感を堪能できるでしょう。

⑤性的興奮度や快感がUPするから

男性は、生挿入して性器と性器を擦りつけるということを想像すると、エロいことをしている感覚になります。直接、お互いの性器が触れ合っていると考えると大興奮し、いつも以上に感じてしまいます。エロいことをしているという精神的満足度が高いので、より大きな快感を感じることができるのです。

⑥直接つながっていることを実感できるから

生挿入は基本的に心を許し愛し合っている男女がする行為です。愛している人とする生セックスは気持ち良いだけでなく、身体も直接つながっていることを強く実感できます。つまり心身共に一つになっている、という実感を味わうことができます。

愛する人とのセックスは、愛を確かめ合う行為でもあります。そのため男性は、生挿入すると強い快感と喜びを感じます。セックスをした時の満足感、精神的な満足度が非常に高いのです。

⑦ムードが壊れないから

コンドームを装着する時、ムードが冷めることがあります。一瞬にしてペニスが萎える男性もいます。でも生挿入なら、ムードが冷めることなく、自然な流れでセックスをすることができます。気持ちのモチベーションが全然違います。

⑧コンドームの違和感等がないから

コンドームを装着するとペニスが締め付けられたり、違和感を感じて、セックスの気持ち良さが半減してしまう男性もいます。生セックスをするとコンドームによる違和感等から解放され、刺激も強いので気持ち良いセックスができます。

コンドームのせいで感度が鈍くなる男性や、性的興奮度や気分が下がる男性もいます。

女性も生挿入が気持ち良いと思っている人がかなりいます。次回は、それについて書いてみたいと思います。

The following two tabs change content below.
star

star

カウンセラーのstar です。 美容と健康にとても効果のあるsexが楽しめるよう、お手伝いをしています。
star

最新記事 by star (全て見る)

二階堂が徹底比較してわかった本当に出会えるサイトはこれだ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る