潮の吹かせ方

潮吹きは、女性にとっては必ずしも快感ではありませんが、男性にとっては潮を吹かせたという達成感が満たせるし、凄く興奮します。

意地になって潮を吹かせようとすると、女性は痛がってしまうし、あなたとのセックス自体に不満を持ってしまうかもしれません。

痛がる時は、直ぐに止めましょう。痛がっているのに、強引に続けても絶対に気持ち良くなることはありません。もし膣の内部を傷つけてしまい、そこから炎症でも起こしたら取り返しのつかないことになる可能性があります。

潮の吹かせ方を知っていれば、普通の女性が、普通のセックスの中で簡単に潮を吹いてくれます。

可愛い女性が頬を染め、恥ずかしそうにしながらも、自分から腰を動かして、ピュッピュッピュッと潮を吹く瞬間は、最高に興奮します。

そんな女性に覆いかぶさり、既にびしょ濡れになった膣に、ペニスを挿入すると、まとわりつくような感触とともに、ヒクヒクと締め付けられて、いつも以上に気持ち良くなってしまいます。

女性も、潮吹きの愛撫で気持ち良くなっているので、少しの刺激でオーガズムに達します。お互いが最高に気持ち良いセックスを味わうことができます。

しかし、経験の少ない男性は、潮の吹かせ方がよくわからないので、なかなか上手くいきません。AVの真似をしてがむしゃらに膣内部をかき回しても、潮は吹きません。

AVのように腱鞘炎になるほど高速でGスポットを刺激すると、女性は痛いだけです。

AV男優は、女性の体の仕組みを理解し、ピンポイントで刺激するからできるようです。

AV女優は仕事をもらうために、痛いのを我慢しているのかもしれません。

潮吹きの手順は、以下の通りです。ただし、誰でも潮を吹く訳ではありません。

また、女性の体調次第では吹かないこともあるし、慣れないと痛がってしまうので、女性の表情や動きを注意深く観察し、無理そうだと思ったら、直ぐに止めましょう。

①爪を短く切る

潮を吹かせる時は膣内で指を動かすので、爪が伸びていると内部に傷をつけてしまいます。事前に爪を切っておきましょう。深爪が理想です。

②リラックスできる環境

女性が男性を信頼し安心できる関係が必要です。また、深くリラックスできる環境が必要です。静かで落ち着いた雰囲気を作りましょう。

③タオルを用意する

多量に潮を吹くと、シーツがびしょ濡れになってしまいます。濡れてもよい場所でするか、事前にタオルを下に敷いておきましょう。

④姿勢

潮を吹かせる体勢は、やや斜めの状態でM字開脚させるのがベストです。

女性の体を水平に寝かせるよりも、若干起き上った体勢の方が上手くいきます。

背もたれの深いソファーに座らせるのが良いでしょう。

ソファーがなければ、女性の背中側に枕を立てかけて、少し体を起してあげましょう。

男女ともに慣れてくれば、完全に寝そべった状態でも潮は吹きます。

⑤手マン

普通の愛撫から始めます。ゆっくりキスをして、乳首を舌で転がし、クリトリスを刺激して、膣内を十分に濡らします。

十分に濡れたところで、膣に中指を第二関節あたりまで入れると、膣前壁にGスポットがあります。指の第一関節を少し曲げてL字の鍵型を作り、膣口側に引くようにGスポットを刺激します。爪の先が絶対に触れないように。かき回してもいけません。

頃合いを見て、薬指も入れて2本の指でGスポットを刺激します。指を動かすのではなく、指と手首を固定して、腕ごと動かすのがコツです。

指の腹を少し強めに押し当てるのが良いようですが、力の入れ具合は、女性の反応を見て加減します。AVのように強く掻き出すようにすると、女性は痛がる場合があります。

暫く続けていると、潮吹き体質の女性は、尿が出る感覚がして、潮を吹きます。手の動きに合わせて、尿道口から無色透明の液体がピュッピュッピュッと飛び出します。

手を強く動かすと勢い良く噴出しますが、女性が痛がったり、膣内部が傷つくことがあるので、あまり強くしない方が良いと思います。

潮吹きのポイントがわかれば、そこをペニスで刺激することで、挿入中に潮を吹かせることも可能です。

ペニスを引くときに、吹き出した潮が男性の太腿に当たるのを感じることができます。

次回は、セックス依存症について、書いてみたいと思います。

The following two tabs change content below.
star

star

カウンセラーのstar です。 美容と健康にとても効果のあるsexが楽しめるよう、お手伝いをしています。
star

最新記事 by star (全て見る)

二階堂が徹底比較してわかった本当に出会えるサイトはこれだ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業カレンダー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る