既婚女性をオトすテクニック

  • 2021-12-22
  • 既婚女性をオトすテクニック はコメントを受け付けていません

[PR] 伊勢崎市ラブホテル フリータイムも長いので、情熱的にお使いください。当ホテルは3人以上での利用も可能です。

不倫はお互いに同じような立場の人同士がうまくいくし、長続きがします。お互いに失いたくない家庭があれば、配慮もできるし、無理を言うこともありません。既婚者同士の不倫が理想的だと思います。

既婚女性のオトし方のポイントは、親身になって話を聞いてあげること。ただし、決してアドバイスをせず、ただ聞き手に徹すること。女性が男性よりもよくしゃべる理由は、たくさん会話して多くの共感を得ることで安心感を感じることができるからです。下手に意見をして、女性が思っている内容と違った場合には「不快」に思われてしまいます。女性に対してアドバイスや意見を言うよりも「その気持ち分かるよ」「そうなんだよね」「辛かったね」など共感しているように見せるのが女性のオトし方のポイントです。

共感とは、価値観を理解し、感覚を共有することです。特に女性は、自分に共感を示してくれる相手に好感を抱くものです。やみくもに肯定したり「分かる分かる」というのではなく、会話のペースや相槌の打ち方を、相手のリズムに合わせることが大切。共感することで、お互いの距離は縮まり、身近な存在と感じ、心を開いてくれます。

既婚女性のオトし方で大切なのは「脈ありサイン」を見逃さないこと。いくら好きでも、相手にされなければただの片思いで終わってしまいます。大好きな彼女を本気でオトそうと思ったら、その女性がどれくらい好意を持ってくれているのか、脈ありサインを知ることが大切です。脈ありサインとは、①会話中、パーソナルスペースに近づいてくるか、②去り際に振り返ったり立ち止まったりして見送ってくれるか、③歩くときに歩幅やリズムの同調があるか、④メッセージやメールが頻繁に飛んでくるか、などです。

LINEで友達になれれば、大いに脈ありです。既婚女性が夫以外の男性とLINEをする理由は、①かまってくれる相手が欲しい、②男性とのLINEのやり取りが面白い、③刺激を求めている、④不倫願望あり、です。退屈な日常や今の生活に不満を持っている女性は、夫以外の男性とのLINEのやりとりでストレスを発散しようとしています。本気で好きになった相手には、テクニックを駆使して、口説いてみましょう。女性はいくつになってもトキメキに弱いので、その心理を揺さぶることが大切です。

既婚女性と仲良くなって、脈ありと確信しても、不倫は良くないことだという後ろめたさがあるので、女性の方からアプローチしてくることはほとんどありません。そんな時には男性がリードして、既婚女性をオトしてあげなければなりません。そのためには、テクニックが必要です。

テクニック①信頼される。既婚女性をオトすには、まずは相手から信頼されなければ何も始まりません。既婚ですから、普通の女性よりも警戒心は強く、好意を持ってしまうことで引かれないか、軽い女に思われてしまわないか、夫や家族にバレてしまわないか、など既婚女性の抱く不安は多くあります。その不安を取り除いてあげなければ、何をしても無駄と言っても過言ではありません。まずは相手から信頼されるために、自分の情報をしっかり相手に知らせてあげて、相手の情報も少しずつでも聞き出して、お互いの信頼度を高めていくことが大事です。

テクニック②器の広さを見せる。既婚女性は、大なり小なり夫に不満を持っています。そして、夫には聞いてもらえない愚痴を誰かに聞いてもらいたいという願望もあります。既婚女性をオトすには、夫との違いを見せつけることが肝心です。器の広さを見せることで、夫との違いを見せることができます。どんなわがままでも聞いてあげる男を演じてあげれば、まずは「癒される相手」となり、そこから進展していくことができます。

テクニック③「女」を思い出させる。結婚してしまうと、恋人時代のようなトキメキはなくなってしまいます。家族となってしまい、「女」としての自分を忘れてしまっている女性がほとんどなので、「女」を呼び起こしてあげましょう。「可愛い」「綺麗」と褒めたり、デートに誘うことで、独身時代の「女」だった頃を思い出させるきっかけを作ってみましょう。「既婚女性」として話すのではなく「一人の女」として会話をすることが重要なポイントです。

既婚女性から信頼され、好意を得られたと確信したら、次は不倫関係にもっていく方法ですが、既婚女性は、不倫は良くないことだという罪悪感を抱いており、この大きな壁を乗り越えなければいけません。罪悪感さえ消すことができれば、不倫関係に至るまでは早いでしょう。

罪悪感を薄れさせる手段として考えられるのが、①夫のせいにする、②他の人たちもしていると例を出す、などです。不倫をしてしまうのは、夫がかまってくれないからなので、夫にも責任があります。周りの不倫をしている夫婦の例を出すことで、罪悪感を薄めさせることができます。家庭を円滑にするために、マンネリを解消するために、お互いに納得して不倫を実践している夫婦もいるので、例を出すというのはかなり使える手段です。

不倫は罪悪であるという概念があるから、不倫をしたくないと思ってしまうものですが、「婚外セックスは罪悪ではない」と思わせればいいのです。不満の解消のため、ストレスの発散のため、心身の健康のため、女であり続けるため、自分に正直に、外で満足できれば夫や家族に優しくなれる、など言い方はいろいろあると思います。

お互いに盛り上がっているのであれば、既婚女性にとって、自分を納得させる言い訳が欲しいだけなので、意外と簡単に進めることができます。

次回は、既婚男性をオトすテクニック、について書いてみたいと思います。

The following two tabs change content below.

star

カウンセラーのstar です。 美容と健康にとても効果のあるsexが楽しめるよう、お手伝いをしています。

最新記事 by star (全て見る)

関連記事

ページ上部へ戻る