不倫の恋が冷めるとき

  • 2021-11-7
  • 不倫の恋が冷めるとき はコメントを受け付けていません

[PR] 伊勢崎市 アダルトショップ「男の楽園」”凌辱M字開脚診察台”や”ラブドール”などの超本格的な商品あります!

燃え上がっていた不倫の恋も、いつか終わってしまうものです。あれほど好きだった相手のことを全く好きではなくなってしまうことは、決して珍しいことではありません。普通の恋愛と同じです。しかし、そこには不倫特有のきっかけもあります。

彼が既婚者である場合、彼の妻が妊娠してしまったら、一気に恋心が冷めてしまうでしょう。妻が妊娠したということは、彼は妻とも体の関係を持っていることになります。夫婦である以上、セックスをするのは当然ですが、妊娠するということは、それだけ多く行為を重ねている可能性があります。また、子どもができたことで、やはり彼は家庭を大事にしている、と再認識させられます。子どもが生まれれば、当然彼も子どものことが可愛くて仕方がなくなるのは目に見えています。そんな状況を想像すると「将来性はない」と気持ちが冷めてしまうのです。

不倫デート中に彼が妻の話ばかりしていたら、不快に感じますよね。人が話題に出すことは、やはり自身が興味のあること、関心のあることである場合が多いので、無関心であればそもそも話にも出てきません。彼が妻の話ばかりするということは、実は家に帰ると妻とラブラブであったり、結局は彼の一番は妻であることが窺えます。そんな状況が感じられると、いくら相手のことが好きでも、気持ちが冷めてしまうのは当然のことです。

不倫相手が必要以上に束縛してくる場合、それを負担に感じることがあります。メールや電話がしつこかったり、ちょっと返事が遅れただけで、どこで誰と何をしていたの、と問い詰められたり、行動にいちいち口を出してくることがあります。最初はそういった行為に愛を感じられるかもしれませんが、そんな状況が続くと、誰だって負担に思ってしまいます。重いと感じて、段々と気持ちが冷めてしまうのです。

妻の名前と不倫相手の名前を呼び間違えられたという場合は、一気に恋が冷める可能性があります。不倫関係になった以上、相手に妻がいることは承知で付き合っていますが、彼が名前を呼び間違えるのは、マナー違反です。呼び間違えるということは、結局彼の頭の中では妻の存在が大きかったり、普段から十分に夫婦間のコミュニケーションを取っているという証拠です。

長く不倫関係を続けていると、自然と相手に対する遠慮や配慮がなくなっていくものです。善意に考えれば二人の距離が縮まったということになるでしょう。しかし、親しき中にも礼儀あり、という言葉がありますが、極端に遠慮がなくなってしまったり、彼が好き勝手をするようになるなど、お互いが心地良く居られる関係を維持しようとする努力が全く感じられなくなると、相手に対する気持ちは必然的に冷めてしまいます。

男性は、個人差はあるものの、女性の身体を求める生き物です。女性を目の前にすれば欲望が高まるし、気持ちが高まるのも自然なことです。しかし、女性が彼と真剣な恋愛をしていると思っていたのに、実は彼が求めているのは身体であったと分かった場合は、恋心が冷めてしまいます。

不倫をしていて燃え上がっているうちは、この人とずっと一緒にいたいなど、我を忘れて突っ走ってしまうこともあると思います。しかし、ある程度気持ちが落ち着いてきたら、ふとした瞬間に、この恋を続けていていいのだろうか、と疑問に思うことがあります。例えば、家族と毎日一緒にご飯を食べる、テレビを見て談笑する、休みの日にどこかに出かけるなど、何気ない日常の一コマを通じて、ふと我に返り家族との幸せに気づくことがあります。もしこのまま不倫を続けていたら、この幸せはなくなってしまうかもしれないと考えた瞬間に、これではいけない、と相手への気持ちが冷めることがあります。

毎年の子どもの誕生日や幼稚園・学校のイベントなど、まさに自分の分身である子どもが着実に成長しているのが目に見えると、不倫をしている自分に罪悪感を感じてしまうことがあります。もし不倫がバレて子どもと離れ離れにならなくてはいけなくなることを考えると、不倫なんてするべきではない、やめなくてはいけない、と気づくのです。毎日子どもと一緒に過ごし、一番近くで成長を見ることができる状況がなくなってしまうことに寂しさを覚え、不倫相手に対する恋心が冷める場合があります。

いつもは配偶者に対して、いて当たり前、と思っているかもしれませんが、ふとした瞬間に配偶者の大切さに気づくかもしれません。例えば、子どもが熱を出した時に妻に代わって夫が看病をしてくれた時、何か困ったときに配偶者が助けてくれた時など、配偶者の大切さを感じられる瞬間が訪れると、必然的に配偶者はいなくてはいけないものと再認識するでしょう。普段は喧嘩ばかりだったり、冷めきってしまっている夫婦でも、何か些細なことがきっかけで、お互いの存在意義を感じるようになることがあります。家族の大切さが分かった瞬間、不倫相手との恋愛は終わりにしなくては、と思うのです。

不倫恋愛は、お互いが離婚しない限り、この恋愛に未来はありません。一緒にいるだけでいい、会える時に会うだけでいい、というのであれば、何も問題はありません。しかし、明るい未来を手に入れたいと考えた瞬間、相手への気持ちが冷めてしまうのは仕方がないことかもしれません。

今までは不倫相手が大好きで他の異性に目もくれなかったという人も、不倫相手以上の異性が現れたらコロッと気持ちが変わってしまうこともあります。不倫相手以上にお金を持っていたり、ルックスが良かったり、性格が良かったりすれば、その異性に心を持って行かれるのは当然のことです。不倫相手と燃え上がるような恋をしていても、ある日突然に気持ちが冷めてしまうことがあります。

次回は、不倫に飽きた男性の行動、について書いてみたいと思います。

The following two tabs change content below.

star

カウンセラーのstar です。 美容と健康にとても効果のあるsexが楽しめるよう、お手伝いをしています。

最新記事 by star (全て見る)

関連記事

ページ上部へ戻る