女性の妊活

  • 2022-2-10
  • 女性の妊活 はコメントを受け付けていません

[PR] 真面目に命や性について学ぶことができ、また性の楽しさを学ぶことができる女神館

女性の妊活は、妊娠しやすい体を作ることです。妊娠しやすい体を作るためには、①体を冷やさない、②食生活の改善、③適度な運動、④良質な睡眠、⑤ストレス発散、が重要です。

体が冷えると、血行が悪くなり、内蔵の機能が下がってしまうなどで、妊娠しにくい体になってしまいます。エアコンで体を冷やし過ぎないようにするのはもちろん、冷たい飲み物や生ものも体を冷やしやすいので注意しましょう。また、足元が冷えやすい服装や、体を締めつけたりしていると、体の冷えを引き起こしてしまいます。

風呂は38~40度くらいのぬるめの湯にゆっくりと浸かりましょう。長く湯船に浸かることで血行が促進され、体がぽかぽかになるだけでなく、リラックス効果も得ることができます。入浴剤も効果的です。

バランスの良い食事から健康的な体がつくられます。朝昼夜ともに栄養バランスのとれた食事を心がけることで、妊娠しやすい健康的な体を保ちましょう。特に、朝食をとることで胃や腸などの消化器官が活動し、結果的に体温がすみやかに上がり、血流がよくなります。冷えを根本から改善するには、梅干し、味噌、醤油、しじみ、イカなど、体を温める食材が効果的です。

また、普段の食事で足りない栄養をサプリメントでサポートすることで、体を健康に近づけ、冷えの解消を促す効果が見込めます。また、冷えに効くとされる漢方薬もあります。

運動することで血行が促進され、新陳代謝が上昇します。汗をかくことで汗腺が活発になり、皮膚の体温調節機能が改善されます。筋肉を刺激することで、熱を生み出す筋肉がつき、さらに自律神経の機能が高められます。ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を続けると、冷えが改善します。また、体を動かすことでストレスも発散されます。

妊活に限らず、健康には良質な睡眠が重要です。夏場はエアコンや除湿機を使って室内を適温にし、冬場は寝る前に温かい風呂に浸かったり、生姜湯を飲んだりして、体を内側から温めて、快適に眠ることを心がけましょう。

ストレスがたまると生理不順などにつながり、妊娠しにくくなる場合もあります。ストレス発散も立派な妊活の一つです。

なお、子宮内膜症や子宮筋腫といった病気が原因で妊娠できない場合があります。定期的に産婦人科で健診を受けることで、不調のサインを早期に見つけて、病気を防ぎ、治療を受けることができます。

妊活では、妊娠しやすい体づくりはもちろん、基礎体温を記録して自分の排卵周期を知り、その上で妊娠しやすいタイミングで性交を行うことも大切です。まずは、排卵のタイミングを把握しましょう。排卵日を予測することはとても大切です。しかし、基礎体温が正しく測れていないと、せっかくの努力が水の泡です。

基礎体温とは、人間が生きていく上で必要最低限のエネルギーを使っているときの体温です。寝起き直後で体が一番安静な状態にあるときの基礎代謝だけが反映された体温で、一般的な体温とは異なります。

女性の理想的な基礎体温は、生理周期に合わせて、体温が低い期間(低温期)と高い期間(高温期)の二相に分かれます。その差は0.3~0.5度なので、小数点第2位まで測れる婦人体温計を使います。婦人体温計は、腋下ではなく舌下で測ります。

生理が始まってから排卵頃までが低温期で、排卵頃から生理前までが高温期にあたり、低温期から高温期に移り変わる数日の間に排卵が起きます。

毎日基礎体温を測って記録することで、排卵のタイミングがある程度わかり、一番妊娠しやすいタイミングで性交することができるので、基礎体温の測定は、妊娠を目指す上で欠かせません。

高温期は、排卵後から生理が始まる直前まで続きます。高温期の長さは、12~16日間です。基礎体温を上昇させるプロゲステロンには、妊娠・出産に向けて女性の体を変化させる働きもあります。そのため、妊娠している場合は、プロゲステロンの分泌が続き、高温期が維持されたまま生理予定日を過ぎます。

目安として、高温期が17日以上続くときは妊娠している可能性が高いといえます。生理予定日から1週間以上経っても生理が来ず、高温期が続いている場合は、妊娠検査薬で調べてみましょう。陽性反応が出たら、産婦人科で検査を受けましょう。

基礎体温は体が一番安静な状態にあるときの体温なので、基本的には、起きてすぐ、布団のなかで測ります。ポイントは、起きて「すぐ」という点です。起き上がったり、伸びをしたり、寝返りをうったり、飲み物を飲んだりせず、目が覚めたらそのままの状態で測ります。婦人体温計は、枕元に置いて寝ましょう。

毎日できるだけ同じ時間に測ることが大切です。休日は平日より遅くまで寝ていると思いますが、一旦平日と同じ時間に起きて、基礎体温を測ることが望ましいです。

次回は、不妊治療について、書いてみたいと思います。

この記事の著者

star

カウンセラーのstar です。

美容と健康にとても効果のあるsexが楽しめるよう、お手伝いをしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る