健全な変態行為

  • 2022-6-22
  • 健全な変態行為 はコメントを受け付けていません

[PR] 伊勢崎市のラブホテル・ロングステイにはオススメ!

一般の人とは違ういわゆる「変態」的な性嗜好を持っていたとしても、著しい葛藤や苦痛がなく、日常生活への障害もなく、第三者や社会秩序にとっても具体的な問題が生じていない場合は、医学的にも社会的にも許容範囲の性嗜好です。

好奇心の旺盛な人は、いろんな性嗜好を持っています。相手や周囲の許可を得て、堂々と性嗜好を楽しみましょう。ただし、被害者がなく全員から歓迎されていても、公然わいせつ罪などで逮捕されることのないよう留意が必要です。

自分の裸体や性器や性行為を他人に見て欲しいという性嗜好の場合、特定少数の場合は大丈夫ですが、全員の許可があったとしても、不特定多数の面前で晒すのは、公然わいせつになります。会員制であっても、ネットなどで募集をすれば、「不特定」になります。

最近、渋谷にある日本最大級のハプニングバーが摘発されました。ハプニングバーとは、会員制バーを装いつつ、実態は様々な性嗜好を持った客が集い、ハプニングと称して乱交やSMなどを行なう店のことです。プレイルームがあったり、プレイを覗くことができる覗き穴があったりします。

プレイルームで合体している男女は、性行為を他人に見て欲しい、見せたいという性嗜好があるハプニングバー愛好者。マジックミラー越しにその行為を見つめる観客は、他人の性行為を見たいという性嗜好があるハプニングバー愛好者。お互いに合意の上であり、また、被害者も存在しません。

ある日、盛り上がっている最中に突然なだれ込んできたのは、警視庁保安課の私服捜査員。本番行為に及んでいた客の男女が公然わいせつの現行犯で、経営者と従業員9人が公然わいせつ幇助の疑いで、逮捕されました。

露出をしていない観客は、事情聴取され、顔写真を撮られ、身分証を提示して、住所、電話番号を聞かれて、帰宅を許されたようです。勤務先や家に連絡されることはないようですが、心理的な影響はかなり大きいでしょう。

比較的大きな店、ホームページ等で派手に宣伝している店、会員制とは言いながらチェックが厳しくない店は、踏み込まれる危険性が高いと思われます。また、ユーチューバーが潜入動画をアップしたりしている店は、目立つので、警察が情報をつかみやすいです。今回は、見せしめのために摘発を行ったのでしょう。

参考までに、経営者は証拠状況や前科などの事情にもよりますが、罰金刑または執行猶予つきの懲役刑となる場合が多いようです。従業員や行為をした男女客は経営者に比して悪質性が低く、不起訴の可能性もあるようです。観客については、罰則はありません。

ハプニングバーは、マッチングアプリよりは安全に出会えて、連絡先交換もしなくて良いし、料金も安くて、好きなときに好みの男性と遊べるので、単独女性にとっては、格好の遊び場です。

一般的に、ハプニングバーという店は、初回は身元を確認できる身分証を提示し、2回目以降は会員証を提示しないと入店できない仕組みとなっています。摘発された店も、このようにしているはずですが、なぜ踏み込まれたのでしょう。

ハプニングバーは、風俗営業(接待飲食等営業)ではなく、普通の飲食店で、必要があれば風俗営業適正化法の「深夜酒類提供飲食店」の届出をしている店です。客同士がハプニングを期待して行く店であり、従業員の接待を期待して行く店ではありません。したがって、違法に接待をしていることは、ほとんどありません。

深夜酒類提供飲食店は、客室の出入口に施錠設備を設けないこと、客室の内部に見通しを妨げる設備が無いこと、が条件です。まさに、見たり見られたりすることができる格好の場所です。それゆえに、公然わいせつが必然的に起こり得ます。繁盛して客が多くなると、捜査員が潜入していても分かりません。警視庁保安課の私服捜査員は、機会をうかがっていたのでしょう。出入口に施錠設備が無いため、いつでも踏み込めます。

摘発されないためには、公然わいせつでないようにすればいいわけです。例えば、店で知り合って性行為はホテルで行うとか、ハプニングバーの中に個室を設けて、他の人は覗けないようにするとか。

しかし、それは「正常な性行為」であって、「変態行為」ではありません。変態は、性行為を他人に見せたり、他人の性行為を見たりする性嗜好の持ち主です。それができなければ、ハプニングバーに行く意味がありません。

ある変態居酒屋は、時々ハプニングが起きますが、常連客の紹介がないと入店できません。紹介されたと言って一人で行っても入店できません。初回は、常連客と同伴で初めて入店できます。事前に、どこに勤めていて、どのような人物か、どんな性癖か等を常連客から店のオーナーに伝え、オーナーの許可があって初めて、同伴入店が許されます。

ある大人のパーティは、ネットで会員募集をしていますが、入会面接の時に、身分証、健康保険証、名刺の提示を求めています。それらの資料を基に、必要な調査をして、安全な人物だと判断したら、入会が認められます。

次回は、健全な変態さんについて、いろいろ書いてみたいと思います。

この記事の著者

Avatar photo

star

セラピスト兼カウンセラーのstar です。

美容と健康にとても効果のあるsexが楽しめるよう、お手伝いをしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る