フェチ

  • 2020-9-7
  • フェチ はコメントを受け付けていません

フェチとは、異性の身体的あるいは装飾的なパーツ(部分)や要素に対して特に性的魅力を感じる傾向・嗜好・趣味・性癖という意味で用いられる用語です。

例えば、脚フェチ、腋フェチ、制服フェチ、匂いフェチ、のように表現され、偏執的とまでは行かない比較的軽度の執着というニュアンスがある、変態の一種です。

普通の人なら誰でも異性の身体的特徴に対して性的な興奮を感じることは正常な反応なので、フェチという場合は、異常な程の執着である必要があります。したがって、単におっぱいが好きなだけでは、おっぱいフェチとは言わないそうです。

類型としては、身体の一部分に対する執着である、脚フェチ、腋フェチ、胸フェチなど。身体の表面に見られる先天的または後天的特徴への執着である、黒子フェチ、傷跡フェチなど。服装や服装の一部分、あるいは身に付けるものに対する執着である、パンストフェチ、眼鏡フェチ、靴フェチ、制服フェチなど。

特定のシチュエーションや行為に対する執着である、寝顔フェチ、声フェチなど。特定の属性やプレイに対する執着である、人妻フェチ、女装フェチなど、があります。なお、どのような事象にもフェチを付ける傾向があるので、他にも類型はあるでしょう。

女性のショーツやブラジャーなどは、性的な部分に着用するものですから、これらを好む男性は多く、フェチのひとつとして認知されていると思います。しかし、女性が乗った自転車のサドルなど、それらのモノ自体に興奮する男性もいます。

サドルなどに対して性的な興奮を覚えるのは、ひとつは相手の女性との性行為があまりに遠すぎるという理由があげられます。サドルはお尻を押し当てている場所です。手に入れられない相手の代替として、せめて相手が触れたものに触れたいという感情になり、そのモノ自体が性的な回路と結びついて、性的興奮に至ると考えられています。

自分が好意を寄せている相手とセックスができる可能性が極めて低い場合、せめてその代用品を、という発想がきっかけになることが多いようです。そして、そのときの快感があまりに大きいと、たとえ見ず知らずの女性のものでも、サドルを見るだけで反応してしまうようになっていきます。

女性のパンストに目がないという男性は、ストッキングに包まれた女性の脚線美が好きという人もいれば、下着を愛するような感覚でパンストそのものに興奮するという人もいます。また、パンストを破りたいという欲求に駆られる男性もいます。

パンストを破りたくなるのは、禁止されていることを行うと興奮するという心理が影響しています。心理的リアクタンス(心理的抵抗)という理論があります。人は他人から自分の自由を脅かされたり、脅かされそうになったときに、自分の自由を取り戻そうと反発する感情が起こります。その反発する心の働きを心理的リアクタンスと言います。

例えば、この穴を覗くなと書かれた看板があると、覗きたくなってしまう心理のことです。禁じられるぐらいだから、凄く素晴らしいものが隠されているのではないか、という感情が働き、禁止されたことをよりやりたくなってしまうのです。

東京では自転車のサドルを盗んだ60代男性が、愛媛では知人女性の下着を盗んだ40代男性警察官が、横浜ではコインランドリーで女性の下着を盗んだ40代男性会社員が、逮捕されました。正しい変態さんは、合法的にフェチを楽しみましょう。

フェチは男性の専売特許ではありません。女性にも、手フェチ、声フェチ、筋肉フェチ、匂いフェチなど、フェチのある女性は意外と多いです。

フェチとは、異性のあるパーツや要素に対し、性的魅力を感じてしまう趣味や嗜好などを言います。そのため、普段なんとも思っていない男性のふとしたフェチを見たのをきっかけに、急に相手を好きになってしまったという女性は少なくありません。

男性の綺麗な手を見ると惚れてしまう女性がいます。細くて綺麗な手は不思議と色気を感じるそうです。また、手から浮き出る血管もセクシーだとか。年齢に関係なく清潔感がある男性が一番モテます。 手を見られるときは、爪も見られています。爪の汚い男性には色気を感じることはありません。爪は日頃から綺麗にしておきしょう。

多くの女性は低い声の男性に色気を感じます。ある研究によると、低い声の男性の方が普通の声の男性よりも付き合っている女性が多いそうです。つまり女性は無意識に声で好き嫌いを判断しているということになります。

女性は、鍛えられた腕で抱き締められたいと思っています。鍛えられた腕は男らしさを与え、女性に安心感を与えます。抱き締められるときに、筋肉質の腕の方が、女性自身は守られていると考えるようになります。女性は強がっていても本当は甘えたいと思っている生き物です。そして、守ってもらいたいと無意識のうちに思っています。

女性は優しい匂いが大好きな生き物です。ただし、キツい香水の匂いや、バニラ系の甘い匂いは逆に引いてしまうようです。洗剤や柔軟剤、石鹸やシャンプーのような匂いがふわっと香ると、女性は無意識のうちに香る方向をチラ見してしまいます。男性は香水をつけ過ぎないようにしましょう。女性は、ほのかに香る匂いに惚れます。

次回は、異性装について、書いてみたいと思います。

The following two tabs change content below.
star

star

カウンセラーのstar です。 美容と健康にとても効果のあるsexが楽しめるよう、お手伝いをしています。
star

最新記事 by star (全て見る)

二階堂が徹底比較してわかった本当に出会えるサイトはこれだ!

関連記事

ページ上部へ戻る