妊娠検査薬

  • 2022-4-6
  • 妊娠検査薬 はコメントを受け付けていません

[PR] 伊勢崎市ラブホテル フリータイムも長いので、情熱的にお使いください。当ホテルは3人以上での利用も可能です。

妊娠検査薬を使用する本来の目的は、妊娠の有無の確定ではなく、より早い段階で結果を知り医療機関を受診することにあります。自分で簡単に使用できる妊娠検査薬によって妊娠の可能性をいち早く知ることで、産婦人科への受診および正確な診断へとつながります。特に妊娠初期は、赤ちゃんの神経や脳など重要な器官が形成される時期であるため、生活習慣や衛生環境、薬などの使用にも今まで以上に気をつけなければなりません。医療機関を受診し妊娠が確定すれば、早い時期から妊婦として適切な過ごし方を心がけることができるのです。

一方で、妊娠を望んでいなかった場合は、人工妊娠中絶手術を受けることになりますが、手術が受けられるのは妊娠22週未満までです。また、妊娠初期(12週未満)と、それ以降とでは手術方法が異なります。

妊娠初期は、子宮内容除去術として掻爬法(そうは法、内容を掻き出す方法)または吸引法(器械で吸い出す方法)が行われます。子宮口をあらかじめ拡張した上で、ほとんどの場合は静脈麻酔をして、器械的に子宮の内容物を除去する方法です。通常は10~15分程度の手術で済み、痛みや出血も少ないので、体調などに問題がなければその日のうちに帰宅できます。

妊娠12週~22週未満では、あらかじめ子宮口を開く処置を行なった後、子宮収縮剤で人工的に陣痛を起こし流産させる方法をとります。個人差はありますが、体に負担がかかるため通常は数日間の入院が必要になります。妊娠12週以後の中絶手術を受けた場合は役所に死産届を提出し、胎児の埋葬許可証をもらう必要があります。中絶手術はほとんどの場合、健康保険の適応にはなりません。妊娠12週以後の中絶手術の場合は手術費用だけでなく入院費用もかかるため経済的な負担も大きくなります。したがって中絶を選択せざるをえない場合は、できるだけ早く決断した方がいろいろな負担が少なくて済みます。したがって、より早い段階で結果を知る必要があります。

一般妊娠検査薬は第二類医薬品なので、薬剤師がいなくても登録販売者から購入できるため、夜遅くやドラッグストアやインターネットから手軽に購入することができます。値段は、3百~2千円前後で、1回用・2回用があります。各メーカーの違いとしては、検査をする時期、判定結果の表示の形態、尿をかける時間、価格などです。

妊娠検査薬で妊娠反応が起こる仕組みについては、受精卵が着床すると胎盤が形成され、この胎盤の中でhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)というホルモンがつくられます。hCGは生理予定日となる妊娠4週目より、血中や尿中から検出されます。妊娠検査薬は、尿中にhCGが含まれているかどうかを調べることで、妊娠反応の確認を行います。

通常、妊娠していなければ尿中にhCGが排出されることはありません。そのため、妊娠検査薬を正しく使用すれば検査結果の信ぴょう性は極めて高く、その精度は99%以上です。製品ごとに具体的な正確性も公表されているので、使用の際は参考にしましょう。

なお、市販の妊娠検査薬と病院の妊娠検査薬の精度に差はほとんどないとされています。しかし、妊娠検査薬の値段は市販の方が安価で、妊娠検査薬による妊娠検査を病院で行うと健康保険の適用がないため、費用はやや上がります。妊娠検査薬による妊娠検査は、市販も病院での検査も精度は変わらず値段が異なるだけです。妊娠を疑う体調の変化に気づいた際、まずは自分で妊娠検査薬(判定薬キット)を取り寄せ、検査を行いましょう。

市販の妊娠検査薬には、取扱説明書やパッケージに使い方が記載されています。妊娠検査薬・hCG妊娠検査薬・早期妊娠検査薬・判定薬・妊娠検査キットなど呼び方はさまざまですが、使用方法やその仕組みに違いはほとんどありません。

使用方法は、①妊娠検査薬の指定されている部分に尿をかける。②判定が出るまで水平にして待つ。ほとんどの検査薬は判定終了の線(サイン)が出るので、検査が正常に行われたことを確認してから手に取ります。③判定結果を確認する。陽性・陰性のサインは妊娠検査薬により異なりますが、一般的に「判定窓に線が出る」= 「陽性」=「妊娠の可能性が高い」となります。一方、判定窓に線が見られなければ陰性で、妊娠している可能性は低いと判断できます。なお、検査の時期が早すぎても遅すぎても正確な判定ができないので、各メーカーが推奨する使用時期を守りましょう。

精度の高い妊娠検査薬ですが、より高い正確性を求める場合は、①朝は比較的濃度が高くなるため、朝起きてすぐに検査する、②正確な判定を妨げる原因となる雑菌の繁殖を避けるため、採尿する場合は時間をあけずに検査する。③検査薬を自宅に買い置く際は、極端に気温の高い・低いところは避けて保管する。使用期間の切れた検査薬は使わない。

妊娠検査薬は、使うタイミングが早すぎても遅すぎても正しく反応しません。判定に使われるhCGは妊娠4週目ごろから尿中に排出されるようになり、多くの検査薬が正しく反応するほどの量が分泌されるのは妊娠5週目以降です。したがって、生理開始予定日から1週間経過した頃を目安に妊娠検査薬を使用しましょう。なお、生理予定日当日から検査できる早期妊娠検査薬(妊娠診断補助試薬)というのもありますが、これは体外診断用医薬品であるため、購入時に薬剤師による説明、指導が義務付けられています。

タイミングや使い方を間違えなければ、限りなく高い精度で結果が得られる妊娠検査薬ですが、陽性判定が出たからといって必ずしも妊娠が確定するとは限りません。陽性判定が出た場合は、早いうちに医療機関で確認してもらいましょう。

次回は、妊娠が確定した後に使用する経口中絶薬について、書いてみたいと思います。

この記事の著者

star

カウンセラーのstar です。

美容と健康にとても効果のあるsexが楽しめるよう、お手伝いをしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る